トップページ > 保険の選び方

保険の選び方

" 保険は商品に特約が付いたりと、会社ごとで内容も違う為にとても分かりにくいものである。そしてほとんどの人が自分が今入っている保険の内容を忘れてしまっているのが現状である。

 まずはシンプルな特約無しの商品で、会社ごとに比べてみる。そうすれば値段の高い、安いが判断でき高いものには当然営業マンのコストが上乗せしてある。ライフネット生命という会社がインターネットのみで商品を販売しているが、個々の商品が安い理由は営業マンがいないことが最大の理由である。欠点といえば、自分で内容を理解し納得したうえでの契約になることだ。とにかく会社側からは、追加の説明は聞かない限り無いのである。

 あとは自分が家族持ちなのか、独身なのかで契約内容を検討してみよう。そこで保障金額も大幅に違ってくる。定期、終身、収入保障等すべて合わせて家計にダメージを与えないような金額にするべきだ。万が一ということを考えて、保障を大きくしてしまいがちだが、万に一つも無いようなことに多額の金額を掛けるのはどうだろうか。もちろん本当にそうなった時には大いに助かるのは事実である。
 
 個人的には1万~2万の間で十分だと思っている。"

関連エントリー
地震保険で再建
国民皆地震保険
兵庫県の地震保険
サラリーマンの社会保険
高齢者の医療保険料
保険内容の変化
生命保険の乗り換え
年金積み立て保険
自分で出来ないから積立保険
年金額をあげて欲しいです
主婦が65歳になると減らされる夫の年金と二ヶ月に一度の支給日が不満です
世代間格差の是正
老後は厚生年金にかかっています。
うらやましい、厚生年金
極めて大雑把なもらえる厚生年金の金額
厚生年金には保険料の免除があるという紹介をしていました
保険の必要性について
ついつい人柄で選んでしまいます…
保険の選び方
学資保険のこと。

小額でもお金を借りたい!6万円だけ借りたいあなたにピッタリの金融会社をチェックしよう

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報