トップページ > サラリーマンの社会保険

サラリーマンの社会保険

毎月給料から引かれている社会保険の金額を知っていますか?
年収500万円なら毎月6万円引かれていることになります。

第2の税金といわれるのが社会保険ですね。

「年金」「医療」「介護」と大きく分かれていますが
年金は厚生年金、医療なら健康保険、介護は介護保険となって
いて最低限の保障が受けられますね。

これが、日本の社会保険制度です。
所得税や住民税と同じで、もっていかれます。

詳しく知らずに、いつものように保険料が引かれていて
手取りの金額だけを見ていると思います。

給与明細の控除の所を見ると厚生年金、健康保険、介護保険、
雇用保険とあって総支給額から計算された金額が引かれています。

介護保険は40歳以上になってからですが

毎年、この支払額が増えていて手取りの給料が少なくなっていますね。
これから、生活が大変!

関連エントリー
地震保険で再建
国民皆地震保険
兵庫県の地震保険
サラリーマンの社会保険
高齢者の医療保険料
保険内容の変化
生命保険の乗り換え
年金積み立て保険
自分で出来ないから積立保険
年金額をあげて欲しいです
主婦が65歳になると減らされる夫の年金と二ヶ月に一度の支給日が不満です
世代間格差の是正
老後は厚生年金にかかっています。
うらやましい、厚生年金
極めて大雑把なもらえる厚生年金の金額
厚生年金には保険料の免除があるという紹介をしていました
保険の必要性について
ついつい人柄で選んでしまいます…
保険の選び方
学資保険のこと。

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報