トップページ > 株式投資では、需要と供給が勉強の基本になります

株式投資では、需要と供給が勉強の基本になります

"株式投資では、市場原理と呼ばれる需要と供給の関係が何よりも基本になります。買いたい人が少ないと安くなり、多いと高くなるという法則です。経済を勉強しようとすると必ず出てくるものですので、始めのうちは難しくてなかなか判断できないものですが、需給バランスを瞬時に判断できるくらいになるのが理想です。

企業が行なっている事業についても、商品に対しての需要と供給のバランスによって業績が左右されてしまいますし、事業に関連する原油や為替についてもこの需給バランスで左右されたりします。

一般的に企業が成長することで株価が上がってくることはよく知られています。その企業の株の需要が強くなって安い株がさっさと買われてしまうためです。逆に業績が悪化すると株価は下がります。その企業の株の魅力がなくなるので高い値段で買う人がいなくなるためです。

特に一番勉強して欲しいこととしては、企業が成長すると株価が上がる理由についてです。上の需給についての理屈くらいでは、上がるだろう、下がるだろうくらいしか予想できません。株式投資をするには、少しばかり厳しいものがあります。ちなみに外国人投資家は、しっかりと株価計算までのことをして株の売買をしていたりします。ただ、ここまで理解できるようになりますと、まともな戦略が組めるようになりますので、頑張って勉強していただきたかったりします。
"

関連エントリー
株式投資では、需要と供給が勉強の基本になります
投資をする人達との出会いの場を大切に
初心者向けの無料証券セミナーについて紹介していました

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報