トップページ > 生命保険会社の過剰サービスはいりません

生命保険会社の過剰サービスはいりません

生命保険について私が不満に思うことは、過剰サービスです。定期的なアナウンス広報の書面やメール、イベント案内、定期訪問のことですが、煩わしさを感じる以上に、これらのコストが保険料に大きく付加されているように思えてしまうのです。
 人によっては、これらのサービスを親切丁寧な対応でありがたいと感じている方もいると思いますが、保険という商品は、元来掛け捨てであり、将来発生するかもしれない健康リスクに備えるもの。健康のままでいれば、一部を除いてお金は戻ってきません。それを承知でし保険料を支払っています。
 似たような仕組みの損害保険は、驚くほどシンプルです。年に一回契約内容の説明書面が送られてくるくらいで、必要な手続き等があるときだけ電話や書面でやりとりする程度です。生保業界の昔からの慣習なのでしょうが、この過剰に思える程のサービスがなければ、保険料はもっと合理化され、安くなるのではと考えてしまいます。インターネットの保険が注目を浴びるのも煩わしさの無い、シンプルで合理化された保険が受け入れられているからだと思います。保険金の請求時の対応が迅速かつ正確であれば、その他のサービスはスリム化してもらった方が助かります。

関連エントリー
■あ行■
■か行■
■さ行■
■た行■
■な行■
■は行■
■ま行■
■や行■
■ら行■
■わ行■
毎月の保険料と保障金額
我が家に合う保険は?
保険の商品がどんどんかわる
生命保険会社の過剰サービスはいりません

あなたのキャッシング相談を承ります。http://xn--losv4lo78chxbba.seesaa.net/

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報