トップページ > ■あ行■

■あ行■

■あ行■

アクチュアリー < あくちゅありー > 【保険一般】 保険会社で、保険数理を担当する者のこと。日本語でいえば「保険計理人」。
アジャスター < あじゃすたー > 【損害保険】 損害調査を行う人。損害保険会社から委嘱を受けて業務を行う。たとえば、交通事故での事故車の修理費などに関する調査や、事故車両に対する損害賠償の示談交渉など。
アフターロス < あふたーろす > 【保険一般】 保険事故が発生した後に締結される保険契約のこと。
アンダーライティング < あんだーらいてぃんぐ > 【保険一般】 保険会社が保険契約の際に任意に行う選択権利の行使のこと。保険会社は、保険契約の申込があった場合、すべて引き受けるわけではなく、契約に付帯するリスクを考慮して契約するかどうかをはんだんする。保険会社にとって不利な条件の契約の場合、引受を拒否することもできるが、被保険者と妥協点を見出す努力を行い、同意すれば契約となる。
あん分負担主義 < あんぶんふたんしゅぎ > 【保険一般】 重複保険契約方式のひとつ。保険金額あん分方式ともいう。保険金額合計が保険価額を超過する場合、契約締結時の後先を問わず、保険者は合計総保険金額に対する各保険金額の構成割合に応じて、保険金を分担支払する。
一時払 < いちじばらい > 【保険一般】 契約の時に、保険料の一部を払い込むこと。
一部解約 < いちぶかいやく > 【保険一般】 据置期間中に契約の一部を解約し、払戻金を請求すること。
一部保険 < いちぶほけん > 【保険一般】 保険対象物の価額よりも、設定している保険金額が少ない保険のこと。
一括払 < いっかつばらい > 【損害保険】 保険料の払込方法の一つで、すべての保険料をまとめて払い込む方法。
逸失利益 < いっしつりえき > 【保険一般】 不法行為や債務不履行がなければ得たであろう利益。たとえば交通事故の場合の後遺障害による損害賠償の請求などで使われ、「もし、被害者が事故にあわなければ、これから先に当然に得られたであろうとされる利益」のこと。
医療保険 < いりょうほけん > 【生命保険】 病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れる保険商品。死亡したときは、死亡給付金が受け取れるが、医療に重点が置かれているので同額ではない。
受取人 < うけとりにん > 【保険一般】 保険金を受け取る人のこと。 契約者が決定し、保険契約後に、保険金受取人を変更することも可能。
受取人変更 < うけとりにんへんこう > 【保険一般】  受取人とは、保険金や給付金の受け取る権利のある人のことで、保険期間中であれば変更することができます。 受取人の変更をするには、契約者・被保険者の同意が必要となり、保険金
オーソリゼーション < おーそりぜーしょん > 【保険一般】 保険料の払い込みにクレジットカードを使用するとき、カード会社に有効性を確認すること。
オールリスクタイプ < おーるりすくたいぷ > 【損害保険】 さまざまな状況に対応した危険(リスク)を保障する保険商品。最近の住宅火災保険の主流のタイプ。

関連エントリー
■あ行■
■か行■
■さ行■
■た行■
■な行■
■は行■
■ま行■
■や行■
■ら行■
■わ行■
毎月の保険料と保障金額
我が家に合う保険は?
保険の商品がどんどんかわる
生命保険会社の過剰サービスはいりません

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報