トップページ > ■は行■

■は行■

■は行■

媒介代理店 < ばいかいだいりてん > 【保険一般】 保険会社の委託を受けて、その会社の代わりに保険契約の締結を行う店舗のこと。
倍額支払 < ばいがくしはらい > 【保険一般】 決められている保険金の2倍の額を給付すること。通常、災害倍額支払特約などとして主契約に組み込まれている。
賠償責任保険 < ばいしょうせきにんほけん > 【損害保険】 他人の身体や持ち物に損害を与えたときに、責任をとって支払わなければならない金銭をてん補する保険。法律上の損害賠償責任という。
配当金 < はいとうきん > 【保険一般】 株主が利益配当請求権に基づいて受け取ることができる利益の分配金のこと。保険配当金。
配当付保険 < はいとうつきほけん > 【保険一般】 保険会社の財務成績に基づいた配当を受け取る権利を持つ保険のこと。
ハイリスク・ハイリターン商品 < はいりすく・はいりたーんしょうひん > 【保険一般】 運用成績次第で、高収益を得られる可能性がある半面、元本割れの危険性もある商品。元本が保証されておらず、保険商品でありながら、投資としての色合いが強い。
ハザード < はざーど > 【損害保険】 損失の発生と大きさを増大させる要因のこと。たとえば、堤防・ダム・軟弱地盤は、大雨による増水の損失を大きくするハザードにあたる。
パッケージポリシー < ぱっけーじぽりしー > 【保険一般】 種類の異なる複数のの保険を、ひとつの申込書で引き受けること。保険証券の発行も1枚で済ませる。 保険料の割引制度がある。
払込期月 < はらいこみきげつ > 【保険一般】 第2回目以降の毎回の保険料を払い込む期間。年払契約の場合は契約応当日、半年払契約の場合は半年ごと応当日、月払契約の場合は月ごと応当日の属する月の1日から末日まで。
払込免除 < はらいこみめんじょ > 【生命保険】 不慮の事故によって片眼失明など一定の身体障害が生じた場合に、以降保険料を払い込まなくてもよいこと。
払込猶予期間 < はらいこみゆうよきかん > 【保険一般】 保険料の払い込み期間経過後も、一定の期間は保険契約の効力を失うことのない期間のこと。
払済保険 < はらいずみほけん > 【保険一般】 保険料の払込みを中止して、その時点での解約払戻金を元に、保険期間をそのままにした保障額の少ない保険(同じ種類の保険または養老保険)に変更する方法のこと。元の保険は消滅する。
払戻金 < はらいもどしきん > 【保険一般】 契約を解約した時に、契約者に返される金銭。
半年払 < はんとしばらい・はんねんばらい > 【保険一般】 払い込みの方法。年2回の所定の期間内に保険料を払う。
日帰り入院 < ひがえりにゅういん > 【生命保険】 朝入院し、その日のうちに退院できる入院のこと。簡単な時手術は日帰りで行われることも増えてきたため、日帰り入院でも保険金が下りるかは重要な条件。
被保険者 < ひほけんしゃ > 【保険一般】 健康保険に加入し、病気やけがなどをしたときなどに必要な給付を受ける者。
被保険者 < ひほけんしゃ > 【保険一般】 その人の死亡や入院などが保険の対象となる人のこと。生命保険の対象として保険がかけられている人のこと。
標準体 < ひょうじゅんたい > 【生命保険】 最も健康的に生活ができると統計的に認定された理想的な体重。年齢・身長・体脂肪率といった要素から求められ、一定期間内の死亡率や罹患率が有意に低い。 
標準料率 < ひょうじゅんりょうりつ > 【保険一般】 標準となる危険要因に対して一定の料率を定めたもの。実際の契約では、保険の目的、危険の実態等により修正して適用する。 
ファンド < ふぁんど > 【保険一般】 投資信託などの形態で、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のこと。
幅料率 < ふくりょうりつ > 【保険一般】 保険の目的や危険の実態などにあわせて、あらかじめ決められた幅の範囲内で調整できる料率のこと。
復活 < ふっかつ > 【保険一般】 契約が失効した場合でも、もとに戻すことができること。復活には、診査・告知・失効期間中の保険料の払い込み、利息が必要。一般的には3年まで。
復旧 < ふっきゅう > 【保険一般】 減額、延長(定期)保険、払済保険への変更後、変更前の契約に戻せること。
不利益情報 < ふりえきじょうほう > 【保険一般】 デメリット情報のこと。契約者・被保険者・保険金受取人にとって、不利益になる情報。例えば、不可解な契約解除の事例、保険金や給付金の支払われない理由、告知義務違反を理由とする保険金支払拒絶など。
振込扱 < ふりこみあつかい > 【保険一般】 金融機関等から保険料をお振込みいただく方法のこと。
不慮の事故 < ふりょのじこ > 【保険一般】 損害保険では、交通事故など、思いがけない災害。生命保険では死亡のこと。
分損 < ぶんそん > 【損害保険】 保険の目的の一部に損害が生じたものの、全損に至らない程度の損害。
分担契約 < ぶんたんけいやく > 【保険一般】 複数の保険者が、同一の被保険利益について、それぞれ保険金額(または保険価額)の一定割合または、一定金額を分担して引受けること。
平均寿命 < へいきんじゅみょう > 【生命保険】 0歳児の平均余命のこと。
平均余命 < へいきんよめい > 【生命保険】 それぞれの年齢の人が平均して何年生きるかを調べた数字。 死亡状況が今のまま将来も変わらないと仮定する。国や地域の医療・衛生水準を示す指標として用いら、生保契約でも重要。
平準保険料 < へいじゅんほけんりょう > 【保険一般】 保険料の払込期間を通して一定額になるよう平準化された保険料。一般的には、老年になると死亡率が増加するため、保険料を高く設定しなければならないが、生涯で考えて支払えるように平均化する。
ベストアドバイス義務 < べすとあどばいすぎむ > 【保険一般】 保険仲立人は、顧客のため誠実に保険契約の締結の媒介を行わなければならない、という義務。保険業法に定められている。
ペリル < ぺりる > 【損害保険】 損害を引き起こす事故や事象。たとえば、火災や地震、大雨は建物の損失の原因となるので、ペリルに該当する。
変額生命保険 < へんがくせいめいほけん > 【生命保険】 生命保険のうち、死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金の額が運用に応じて変動する商品。
変額保険 < へんがくほけん > 【保険一般】 保険料をファンドなどで運用し、実績によって、保険金がかわっていく商品。
法令保証 < ほうれいほしょう > 【保険一般】 保険証券のこと。法令に基づき、義務を確実に履行することを債権者や権利者に対し保証するもの。
保険医 < ほけんい > 【生命保険】 生命保険の契約のとき、被保険者の健康状態を診断する医師。
保険価額 < ほけんかがく > 【保険一般】 保険事故が発生した場合に保険者が被保険者に支払う保険金の最高限度額。
保険期間 < ほけんきかん > 【保険一般】 契約日から契約の消滅する日までのこと。
保険業法 < ほけんぎょうほう > 【保険一般】 保険業の公共性にかんがみ、保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することにより、保険契約者等の保護を図り、もって国民生活の安定及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする法律。
保険金 < ほけんきん > 【保険一般】 保険事故が生じたときに、契約に基づいて保険会社から支払われる金銭。損害保険では被保険者に、生命保険では保険金受取人に支払われる金銭。
保険金 < ほけんきん > 【保険一般】 被保険者の死亡や高度障害状態などに対して、保険会社が支払う金銭。
保険金受取人 < ほけんきんうけとりにん > 【保険一般】 保険金を受取る人のこと。ご契約者が指定する。
保険金額 < ほけんきんがく > 【保険一般】 保険契約において約定された金額。生命保険では給付額、損害保険では給付の最高限度額。実際の給付では、条件があるため、満額支払われるわけではない。
保険金額自動復元方式 < ほけんきんがくじどうふくげんほうしき > 【保険一般】 保険期間中に事故を起こし保険金が支払われたときに、支払限度額が減額されることなく、自動的に元の保障金額に復元される方式。
保険契約 < ほけんけいやく > 【保険一般】 保険者と保険契約者の約束。保険者は、保険事故が発生した時に、契約上定められた保険金支払を行う。保険契約者は、保険料を支払う。
保険契約者 < ほけんけいやくしゃ > 【保険一般】 契約におけるさまざまな権利(契約変更の請求権など)と義務(保険料を払い込む義務など)を持つ人のこと。
保険契約準備金 < ほけんけいやくじゅんびきん > 【保険一般】 保険金や給付金、年金などの支払いに備えて、生命保険会社が決算期末に積み立てるお金(準備金)のこと。支払い準備金、責任準備金、社員配当準備金(相互会社の場合)など。
保険契約法 < ほけんけいやくほう > 【保険一般】 保険契約者を保護することを目的として、保険会社や保険外務員などを監督するための法律。商法の中に含められている。
保険契約申込書 < ほけんけいやくもうしこみしょ > 【保険一般】 保険契約を締結する際に保険契約をおこなう者が署名、または記名・捺印のうえ契約の証として保険会社に提出する書類。保険加入希望者の申込書による申し込み後、保険会社、または保険代理店が保険契約申込書を受理する。
保険計理人 < ほけんけいりにん > 【保険一般】 アクチュアリー保険会社において保険数理を担当する者のこと。
保険事件 < ほけんじけん > 【保険一般】 保険事故と同じ意味。
保険事故 < ほけんじこ > 【保険一般】 保険者の保険金支払義務を具体化させる出来事。基本的には偶然な出来事が、契約の対象になる。
保険者 < ほけんしゃ > 【保険一般】 保険契約に基づいて、保険料を徴収し、保険事故の発生の際に保険金を支払う義務を負う者のこと。
保険集団 < ほけんしゅうだん > 【保険一般】 保険集団とは 同一の条件の下で同一種類の保険に加入している人々の集団のこと。保険団体ともいう。 .
保険証券 < ほけんしょうけん > 【保険一般】 契約の内容について記載した書類。
保険証券担保貸付 < ほけんしょうけんたんぽかしつけ > 【保険一般】 保険会社が解約返れい金の一定範囲以内で保険契約者に貸付ける制度。契約者貸付、保険証券担保貸付ともいう。
保険年度 < ほけんねんど > 【保険一般】 契約日から起算した年数のこと。満1ヵ年を第1保険年度といい、以下順次、第2保険年度、第3保険年度となる。
保険配当金 < ほけんはいとうきん > 【保険一般】 決算で生じた剰余金を保険契約者に分配して返還する金銭こと。
保険料 < ほけんりょう > 【保険一般】 契約者が契約の代価として支払う金銭。
保険料率 < ほけんりょうりつ > 【保険一般】 基準となる保険金額に対する保険料のこと。
保証期間 < ほしょうきかん > 【保険一般】 被保険者の生死にかかわらず、保険会社から年金が支払われる期間のこと。
保有契約高 < ほゆうけいやくだか > 【保険一般】 契約者に対して保険会社が保障する金額の総合計額。
ポリシー < ぽりしー > 【保険一般】 政策。策略。また、事を行う際の方針。
ボンド < ぼんど > 【保険一般】 保証証券のこと。

関連エントリー
■あ行■
■か行■
■さ行■
■た行■
■な行■
■は行■
■ま行■
■や行■
■ら行■
■わ行■
毎月の保険料と保障金額
我が家に合う保険は?
保険の商品がどんどんかわる
生命保険会社の過剰サービスはいりません

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報