トップページ > 毎月の保険料と保障金額

毎月の保険料と保障金額

"私が生命保険の見直しをしたのは、某生命保険の外交員をしている友人に見直しを進められてのことでした。

見直し前の保険に入った頃は、収入を考えて保険料をベースに保険を選択しました。その保険は、死亡保障額が500万円の保険でした。

それから、数年たち、友人に見直しを進められたこともあり、収入も変わっていたので、思い切って生命保険の見直しをすることにしました。

希望は、終身タイプで死亡保障が2000万円の保険だったのですが、それだと保険料の毎月の負担が大きすぎました。

保険の外交員の友人に相談した結果、定期タイプで死亡保障2000万円の保険だったら、考えている予算の範囲内ですむことがわかりました。

保険料は、保障金額と平均死亡率、運用金利、保険会社の運営資金などから決まるらしいのです。
定期で満期を迎える年に、私はまだ平均寿命に達していないため保険料が安くなるそうです。

保険の外交員が友人だったおかげで、闇雲に保険料が高いと敬遠するんではなく、これだけの保障にはこれだけの保険料が必要なんだと納得できました。

やっぱり、持つべきものは、保険の外交員の友人ですね(笑)
"

関連エントリー
■あ行■
■か行■
■さ行■
■た行■
■な行■
■は行■
■ま行■
■や行■
■ら行■
■わ行■
毎月の保険料と保障金額
我が家に合う保険は?
保険の商品がどんどんかわる
生命保険会社の過剰サービスはいりません

メニュー
保険に加入したよ
保険関連ニュース
お金のお話
サイト集
運営者情報